スタディーコーナー

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビング学習する子どもが多く、またこのリビング学習は子どもの学力を向上するとも言われています。そこで最近ではリビングやダイニングの一角を利用してスタディーコーナーを設ける家庭が増えてきました。このスタディーコーナーがなければ、食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしなければなりません。

食事をするダイニングテーブルで勉強をすると食事をするたびに勉強道具を片付けなければなりませんし、食事をするテーブルの上に消しゴムのカスが散らかるのも衛生的によくありません。リビングのローテーブルだと身長に合わず無理な姿勢で勉強しなければなりませんし、勉強への集中力も下がってしまうのです。子どもがより勉強しやすい環境をしっかりと整えてあげるにはしっかりとスタディーコーナーを設けてあげることです。

我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。自然の明るさがたっぷり取りこめる環境で勉強ができるので文字が読みやすいのです。子どもが二人並んで勉強できるように横幅を確保しました。親子で並んで宿題のチェックもしやすいのです。また、奥行も確保しました。奥行があることで教材を広げて勉強しやすくなります。正面の壁にはマグネット壁紙を使用し、時間割や学校からのプリントを掲示できるようにしました。

カウンターの下には可動オープン棚を設けて勉強道具を一時置きしたり、ランドセルを置くスペースとして利用しています。そしてカウンター上部にはキャビネットを設けています。子ども達が使用しない時は私がここでパソコンを使用することも多く、パソコン関連用品や説明書など大人が利用するものを収納しています。子どもが勉強に集中できる環境を設けてあげましょう。

依頼した業者

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は注文住宅で家を建てました。家造りをする上で一番時間をかけたのは、依頼する業者を選ぶ時だったように感じます。大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店まで数多くの業者が存在するだけに、その中で自分に合った一社を選び出すというのは容易なことではありません。

また、予算内で希望に沿った住まいを完成させることができるかどうかは業者の存在にかかっているといっても過言ではないのです。我が家はいろんな業者の人と出会い話をしてきました。その中で我々目線で住宅の説明を分かりやすくしてくれ、希望や都合を常に最優先して考えてくれた心底信頼できる業者さんと出会うことができました。今まではA社の営業マンと話せばA社がいいな~と感じ、B社の営業マンと話しモデルハウスを見学するとB社がいいな~と感じていた我々ですが、依頼した業者と出会った時に初めてピン!とくるものがありました。

建物の知識の豊富さだけでなく、宅地について、住宅ローンについてなど住宅に関連すること全てにアドバイスをくれました。経験数の豊富さから一つ相談すると幅広いプランを展開してくれ、その中で最良の一つを選ぶことができました。予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントをアドバイスしてくれ、限られた予算内で期待以上の住まいを完成させることができたのです。

アフターメンテナンスにおいても重要視してくれるのでそこも安心できました。大きな金額の買い物となるだけに信頼できるパートナーと出会い、的確なアドバイスをくれる業者がいることで安心して家造りを進められました。最高の住まいを完成させるにはまずはパートナーを見極めることから始めましょう。

階段下の活用法

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅の中のデッドスペースと聞いて思いつく場所は、階段下ではないでしょうか。家造りにおいてこの階段下のデッドスペースをどのように活用させるかは大きなポイントでもあると思います。階段下の活用法で一番多く取り入れられているのは収納スペースです。

私が以前住んでいた戸建ての賃貸住宅の階段下にも収納庫が設けられていました。しかし奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっており、照明も設置されていなかったため夜は物の出し入れもしずらかったです。奥に収納した物を把握しにくく、物の出し入れもしにくかったためあると便利な収納スペースでしたが、不満も多い収納スペースでもありました。

そこで新居の階段下は収納庫ではなく、トイレを設置しました。階段をどこに設けて、どのような種類の階段を設けるかで階段下の活用法も変わってきます。我が家は階段の入り口がリビングに面している廻り階段です。その廻り階段の下にトイレを設けたのです。便器を設置している部分の天井は、通常の天井の高さに比べると低く、階段下ということで特殊な形状をしています。

しかしトイレに一歩足を踏み入れた時の狭さや圧迫感は感じませんし、用を足すにも全く支障ありません。そして階段の上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として利用しています。階段下を余すとこなく利用できているので住宅の満足度も高いのです。トイレ収納としては十分な広さがあるのでトイレットペーパーを買い込んでもスッポリと収納しておくことができますし、子ども用便座やサニタリー用品、トイレ用タオルなどトイレ内で必要なものをきちんと管理できています。階段下を上手に活用しましょう。

二つの玄関

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は玄関の動線を二つに分けました。お客様用の玄関と家族用の玄関と動線を分けることで、メインのお客様用の玄関は常にきれいさを維持できるのです。玄関は第一印象を決める大事な空間です。今までは、子ども達が帰宅すると履いていた靴は脱ぎっぱなしで、外で使用した物も玄関やポーチ部分に置きっぱなしになっていることが多かったです。その光景を見るだけでストレスに感じていました。

玄関の動線を分けることでこの光景を見ることがなくなりました。玄関横には収納力抜群のシューズクローク兼家族用の玄関があります。ここにはオープン可動棚が設けられており、家族の靴を大容量に収納でき、どこにどの靴があるかが一目で分かります。出し入れもしやすので子どもでも自分の靴を出して、あった場所にしまうという習慣が身に付いてきました。

そして、シューズクローク内には土間収納スペースも設けているので外で使用する物もきちんとここに片づけられるのです。子ども用のおもちゃや、三輪車、スポーツ用品、旦那さんのゴルフ用品など玄関内やポーチ部分に置きっぱなしになることの多いこれらをきちんとシューズクローク内に片づけられることで、玄関がスッキリときれいな印象になるのです。

子ども達が外で使用した物や靴をきちんと片づける習慣が身に付いたのは、玄関の動線を分けたことと、シューズクロークからスムーズに室内へ入れることだと思います。物や靴を片付けてそのまま室内へスムーズに行き来ができることで、室内のものもここに収納しておくことができます。玄関の動線を分けるのはおススメです。

住宅への不満

Read full article | コメントは受け付けていません。

注文住宅で様々な部分にこだわり、最高の住宅を完成させたつもりでもいざ生活してみると住宅への不満が出てくるものです。この住宅への不満の常に上位を占めているのが収納でした。しかし最近ではコンセントの位置や数に不満を抱えている人が多いというのです。家造りをするほとんどの人が収納に充実した家にしたい!と希望し、それを実現します。結果、収納への不満を解消できているのです。

その反面、コンセントの位置や数においてはそこまで重視されることがなく、設置されているのが当たり前という感覚さえあるのです。コンセントがここにもあったらいいのにな~と思っても住宅が完成した後に容易に取り付けることができないものであるだけに、コンセントの位置や数は事前にしっかり考えて設けるようにしておく必要があるのです。コンセントは設置していても邪魔に感じることがないものだけにたくさん設置していた方がいいよ!とアドバイスを受けることも多いです。どのような場所でどのような電化製品を使うかをしっかりと考え位置と個数を決めましょう。

私はこのようなアドバイスを受けて、家造りをしてきたのですが、実際に生活してみてコンセントへの不満が出てきました。それはキッチンの作業スペースにコンセントを設けておけばよかったという点です。フードプロセッサーやハンドミキサーなどを使用する時に作業スペースにコンセントがあるとスムーズにキッチン家電を使えるのにな…と感じます。キッチンの足元部分にコンセントがあるのですが、コードが短かったりしてこれらのキッチン家電が使いにくいのです。

その反面、LDKの中心に設けたコンセントは重宝しています。掃除機をかける際に挿し口を変えることなくワンフロア掃除機をかけられ掃除の効率も高まっています。コンセント一つで生活のしやすさが変わってくるだけに、しっかり生活をイメージして設けるようにしておきましょう。

窓の重要性

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家が新築住宅を建てる際に、業者にまず希望したことが、夏は涼しく冬は暖かい家であることです。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいと以前から思っていました。それを実現させるためには、住宅自体の断熱性を高めればいいとばかり思っていました。もちろん住宅自体の断熱性も重要です。適した断熱工法で、使用する断熱素材によって住宅の断熱性は変わってきます。

そこに注目すると同時に窓の断熱性も非常に重要なのだと教えてもらいました。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、そして窓からは58%なのです。そして夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、そして窓は73%です。この数字を見ても窓の断熱性の高さが重要なことは言うまでもありません。

そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れました。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。夏は太陽の熱を大きく反射するので、冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外にのがしにくくするので、暖房効果の向上に繋がるのです。またしみやそばかす、カーテンや家具の色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットし、住まいと人の健康をしっかりと守ってくれるのです。

冬場は窓の結露に頭を悩ませている家庭も多いです。これは窓の断熱性が低いことで起こります。窓の断熱性を高めることで結露抑制に繋がり、お手入れも楽になりますし、カビやダニの発生を抑えてくれることで、健康な住空間となるのです。窓の重要性をしっかりと認識し、高断熱の窓を取り入れましょう。

リビング収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

家族が長時間共に過ごすリビングは物が集まってくる場所でもあります。家造りをする誰もが収納を充実させたいと思い、各所に収納スペースを確保することと思います。しかし意外とこのリビング収納は見落とされがちなのです。リビングこそ収納を充実させるべきなのです。物で溢れたリビングは快適性を欠き、居心地を悪くしてしまうのです。物がきちんと片づけられ、快適性の高いリビングを目指しましょう。

そこで我が家は、リビングの背面に収納庫を設けました。このリビング収納は室内から見えない収納スペースなので、見せたくない日用品や掃除機などまでもスッキリと片付けておくことができるのです。またリビングに散らかりやすいのが、着ていた上着や持ち歩いていた上着ではないでしょうか。このリビング収納にはこれらもきちんと片づけられるように、上着を一時置きできるコートクロークを設けました。ホールを上部と下部に二本設けて、上には大人用の上着を、そして下には子どもの上着やカバンをS字フックにかけて収納できます。このコートクロークを設けたことで、家に遊びに来たお客様の上着を一時置きすることもでき便利となっています。

他には子ども達のおもちゃがリビングに散らかりやすいです。壁一面に設けた可動オープン棚を設けたのでここに子ども達のおもちゃもしっかりと収納しています。いつも過ごすリビングに物を出し入れしやすい収納スペースを設けたことで、子ども達もおもちゃをきちんと片づけるようになりました。家族みんなが過ごすリビングには家族みんなが使いやすい収納スペースを設けるべきなのです。

二つの玄関

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の玄関は、お客様用のメインの玄関と家族用の玄関と動線を二つに分けました。動線を二つに分けたことで、メインの玄関は常に靴や物が散らかりにくく、スッキリとした玄関が広がるようになりました。急なお客様にもスムーズに対応できるので主婦としては暮らしやすさを実感しています。

玄関横にシューズクローク兼土間収納を設けました。そこの玄関収納を行き止まりにするのではなく、室内へのスムーズな動線を確保したことで、家族用の玄関として利用できるのです。靴を脱ぎ履きするところに天井にまで広がる大容量に家族の靴を収納できるシューズクロークがあることで、今まで靴を出すことはしてもしまうことはしなかった旦那さんや子ども達が、自ら靴を出したりしまったりする習慣を身に付けることができたのです。

これはオープン棚に並べられた靴がどこにあるかが一目で把握でき、出し入れのしやすさが良かったのだと思います。そして靴をしまった後、そのままスムーズに室内へ入ることができるのも大きなポイントです。

玄関周りの物をきちんと片づけられる土間収納スペースを設けたのも玄関を美しく保つポイントです。外で使用する子ども用のおもちゃやスポーツ用品、ベビーカーに三輪車などつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになりがちです。これらを土間収納にしっかり収納しておくことで物が片付けられる玄関となるのです。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけにきれいで明るく清潔感のある空間にしておきたいものです。そのためにはシューズクロークの収納力は大事なのです。

二階で過ごす時間

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は子どもが小さいこともあり、一階で過ごす時間と二階で過ごす時間を比較すると断然一階で過ごす時間の方が長いです。我が家のように子どもが小さい家庭では二階は寝る時しか使わないという家庭も少なくありません。しかしせっかく建てたマイホームがこのように二階がほとんど使われない空間となってしまっては意味がありません。子どもの成長と伴い次第に二階で過ごす時間も長くなっていくものですが、子どもが小さい間でも二階で過ごす時間を大切に考えてみてはいかがですか。

我が家は子どもが小さい間でも二階で過ごす時間を大切にできるように、階段を上がった先にファミリースペースを設けました。寝る前の家族がくつろぐ時間はここで過ごすのです。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースがあることで、家族の繋がりをより感じられ、また二階で過ごす時間を特別なものにさせることができるのです。

また昼間は子どもが遊ぶスペースとして活用しています。このファミリースペースはリビングに設けた吹き抜けに面して設けられています。子ども達だけでこのスペースで遊んでいたとしても、吹き抜けを通して子どもの気配が感じられるので安心して遊ばせることができます。また声をかければ一階と二階で会話もしやすいので互いに安心してそれぞれの時間を過ごすことができるのです。子どもにとっても子ども達だけで遊びに集中できる空間があるのは嬉しいものです。また休日の朝はここでゆっくりと朝食を取ったり、いつもの慌ただしい朝とは違った朝を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

階段途中のスキップフロア

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段途中に設けられたスキップフロアがあれば、一階と二階を繋いでくれる役割を果たしてくれます。またこのスキップフロアはLDKからしっかりと目が届くようにすることで、目的用途の幅を広げてくれます。
ここを子どもが遊ぶスペースとします。子どもは下を見下ろせばLDKに居る家族の様子が目に入ります。安心して遊ぶことができます。またキッチンで家事をしていてもそこで遊ぶ子どもの様子に目が行き届くので子育てのしやすさも感じられることと思います。

このスキップフロアはLDKとの一体感を感じられる空間でもありますが、個室のような感覚も得られます。子どもの遊ぶスペースとしてだけでなく、パパの書斎ルームとして活用させるのもいいですし、ママのワークスペースとしても活用させてもいいと思います。
自分だけの時間を過ごしている気持ちにもさせてくれますが、下を見下ろせば子どもの顔を見れるので家族の繋がりを感じることができます。

子どもが成長し、二階で部屋で過ごす時間が増えてもこのスキップフロアを通して互いの気配を見時間に感じることができるのです。家族がバラバラの空間で過ごしているにも関わらず、互いの存在をより身近に感じることができることで、安心感や家族の繋がりを大事にできる家にもなるのです。

将来的にこのスペースを使わなくなっても収納スペースとしてかつようさせることもできます。多目的に使用できる空間があることで暮らしやすさにも繋がります。階段途中というただの通路にしかすぎない場所を、ちょっと広めに確保して多目的に使用できる空間にするのはいいアイデアだと思います。