施工会社を選ぶ

注文住宅を建てるためには、建ててくれる会社を探さなければいけませんね。

しかし、住宅造りをするのは人生の中でもそう何度もあることではありません。

そのため、どのような種類の会社があるのかもわからないこともあるでしょう。

会社の種類としては、大きく分けて3つの種類があります。

ハウスメーカーと工務店と設計事務所です。住宅を建てるときにはこの3つが主な依頼先となるでしょう。どこに頼むかは好きなところにすればいいのですが、それぞれの会社でメリットとデメリットがあるので、自分の考えや目的にあわせて選んでいきましょう。

ハウスメーカーのメリットとデメリットを紹介します。

ハウスメーカーのメリットは規模が大きく、住宅の品質も安定していて信頼感があるということでしょう。注文住宅をハウスメーカーに建ててもらうと失敗することが少ないといえます。ハウスメーカーは業務の効率化をしているので、住宅が出来上がるまでの期間も比較的短くなっていることが多くあります。

ハウスメーカーのデメリットは住宅の価格が高いというところでしょう。工務店がたてる住宅と坪単価で比べてみたりすると高いことが多いです。

高くなっている理由としては人的コストや宣伝広告費など住宅以外のことにもお金を色々使っているためです。設計にそこまでの自由度がないこともあります。材料は基本的に大量生産であるため、それに合わせないと別で用意しなければならないので高くなります。

大分に注文住宅を購入した友人はハウスメーカーで建ててもらっていました。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 11月 3rd, 2011 at 11:24 AM and is filed under 家造り . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.