健康に気を使った住宅

無添加住宅や健康住宅といった住宅を聞いたことがあるでしょうか。

今の時代は健康に気を使うことが多くなってきています。

健康に気を使った食品などを多く見かけるようになってきました。

テレビなどでも健康についてのニュースや番組なども見かけます。

住宅でも健康に気を使ったほうが、快適な生活を送っていけるのではないでしょうか。

一般的に建てられる住宅には化学物質が多く使われています。

これによってシックハウス症候群という病気が引き起こされることもあるといわれています。幸せに生活していくための住宅でそのようなことになってしまったら悲しいですよね。

そのようなことにならないようにするために、無添加の住宅では化学物質を含まない天然の素材を利用して造られているのです。例えば一般の住宅に使われている接着剤などには化学物質が含まれているのですが、接着剤として自然の素材を利用して作ることができるのです。米をのりにして作った米のりやにかわなどを使うことで安全な接着剤となるのです。壁にも安全な漆喰を塗ることによって、部屋の快適さが保たれます。

漆喰は部屋の湿度を調整する効果や空気を浄化していやな匂いを消す効果もあるので部屋が快適になるのです。漆喰は粉が落ちたりすることがありますが気にするほどのことではないでしょう。

健康住宅を大分に購入した友人は、健康に過ごすことができるのが一番いいということで

健康住宅を購入することに決めたそうです。

Comments are closed.

This entry was posted on 水曜日, 2月 15th, 2012 at 4:16 PM and is filed under エトセトラ, 家造り . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.