スタディーコーナー

リビング学習する子どもが多く、またこのリビング学習は子どもの学力を向上するとも言われています。そこで最近ではリビングやダイニングの一角を利用してスタディーコーナーを設ける家庭が増えてきました。このスタディーコーナーがなければ、食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしなければなりません。

食事をするダイニングテーブルで勉強をすると食事をするたびに勉強道具を片付けなければなりませんし、食事をするテーブルの上に消しゴムのカスが散らかるのも衛生的によくありません。リビングのローテーブルだと身長に合わず無理な姿勢で勉強しなければなりませんし、勉強への集中力も下がってしまうのです。子どもがより勉強しやすい環境をしっかりと整えてあげるにはしっかりとスタディーコーナーを設けてあげることです。

我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。自然の明るさがたっぷり取りこめる環境で勉強ができるので文字が読みやすいのです。子どもが二人並んで勉強できるように横幅を確保しました。親子で並んで宿題のチェックもしやすいのです。また、奥行も確保しました。奥行があることで教材を広げて勉強しやすくなります。正面の壁にはマグネット壁紙を使用し、時間割や学校からのプリントを掲示できるようにしました。

カウンターの下には可動オープン棚を設けて勉強道具を一時置きしたり、ランドセルを置くスペースとして利用しています。そしてカウンター上部にはキャビネットを設けています。子ども達が使用しない時は私がここでパソコンを使用することも多く、パソコン関連用品や説明書など大人が利用するものを収納しています。子どもが勉強に集中できる環境を設けてあげましょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 月曜日, 8月 7th, 2017 at 11:09 PM and is filed under 家造り . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.